新着記事

2015年07月31日

アレキサンダー・ワンがバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターを退任

アレキサンダー・ワンのバレンシアガ離脱が正式に決定 | Fashionsnap.com

アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)が「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のクリエイティブ・ディレクター職から 退任することが決定した。ブランドを所有するケリングが、 契約を更新しないことを正式文書で発表。9月29日から開催されるパリコレクションで発表される2016年春コレクションがワンが手がける最後のショーとなる。


 離脱の噂が確定に。後任は決まっていないようです。 ニコラの後釜には荷が重いと思っておりましたが、 退任の真相は何なのでしょうね。 ワンは自身のブランドに注力したいとのことです。


ニックネーム dale at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

装談 第11回 andu amet 代表・チーフデザイナー 鮫島弘子

 FASHION STUDIESからプレスリリースが届きましたのでそのまま載せておきますね。

2015年8月9日日曜日18時から開催します。 第11回目の装談は、エチオピアで、社会貢献性とラグジュアリーさを両立させたハイブランド andu amet(アンドゥ・アメット)を立ち上げた鮫島弘子さんをお招きします。

andu ametは世界最高峰の羊皮、エチオピアンシープスキンを贅沢に使用したレザーブランドです。 なかには1年半待ちの商品もあるほど、大人気ブランドです。 鮫島さんがどんな思いで、会社を立ち上げたのか、そこには幾多の試練があったはずです。 それらをどのように乗り越えていったのかなど、事前に参加者から寄せられた質問のお答えとともに、 いろいろとお話をお伺いしたいと思います。 加えて、これからのこともお話していただきたく思っております。 皆さまのご参加お待ちしております。 ご自分のキャリアに悩んでいる方には是非とも聞いていただきたい会です。

プロフィール

鮫島弘子(さめじまひろこ) andu amet 代表・チーフデザイナー

東京出身。国内メーカーでデザイナーとして働くなかで、 大量生産・消費のものづくりに疑問を感じるようになり、 2002年、青年海外協力隊デザイン隊員としてアフリカへ。 エチオピアでファッションショーを企画開催、 ガーナでフェアトレードプロジェクト立ち上げるなどファッションに関するプロジェクトに複数携わる。 帰国後、外資系ラグジュアリーブランドのマーケティング担当を経て、 2012年2月、株式会社andu ametを設立。 世界最高峰の羊皮エチオピアンシープスキンを贅沢に使用した リュクス×エシカルなレザー製品を製造・販売。 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013 キャリアクリエイト部門賞(2012)、 APEC若手女性イノベーター賞(2013)等多数受賞。 2014年には、安倍総理大臣アフリカ歴訪に同行するなど、若手起業家として注目を集めている。
andu amet http://www.anduamet.com/

詳細

日時
2015年8月9日(日)18時00分〜19時30分 
会、終了後、講師を交えての懇親会を予定しております。

会費 
一般 前売2,500 円(Peatixにて) 当日3,000 円 
学生 前売1,500 円(Peatixにて) 当日2,000 円 

会場
服も作れるコワーキングスペース「coromoza fashion laboratory」
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ408
明治神宮前駅7番出口より徒歩1分
電話番号:03-6450-5560  URL: http://za.coromo.jp/

お申し込み先
contact@fashionstudies.org
「装談 第11回 鮫島弘子」への参加の旨と お名前、ご連絡先(メールアドレス)、ご所属を明記してお申し込みお願いします。 ご質問がある方はご明記下さいませ。 懇親会参加希望の方はあわせてお知らせ下さい。(懇親会は別途会費がかかります。)

※前売はPeatixにて承っております。前売りで申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。また申込メールもあわせてお願い致します。 前売りはこちらhttp://ptix.co/1D5SOJn



ニックネーム dale at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

CUTiEが休刊に

宝島社「キューティ」が休刊 創刊から26年 | Fashionsnap.com

宝島社が出版するファッション誌「キューティ(CUTiE)」が、8月11日発売の9月号をもって休刊する。 「キューティ」は1989年に10代女性をターゲットにした月刊誌として創刊。「ラブリーウイルス感染中!」をテーマに90年代のストリートファッションをけん引し、現在の「原宿カワイイ文化」の基盤となった。「キャンディストリッパー(Candy Stripper)」や「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」、「スーパーラヴァーズ(SUPER LOVERS)」、「ミルク(MILK)」などのブランドを掲載して90年代に人気を博した個性派ファッションの火付け役となり、モデルでは市川実和子や吉川ひなの、土屋アンナ、YOPPYらが出演。


 90年代のストリートブームを受けても復活ならず。 ここ数年はストリートではなくギャル・モテ路線でしたもんね、どちらかといえば。


ニックネーム dale at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ファッション通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする